脱着式膣の洗浄、保管方法

ラブドールを楽しんだ後は、面倒かもしれませんがしっかりと洗浄しましょう。今のオナホールの多くは、使い捨てではありません。気に入ったホールは、ちゃんとした掃除や保管を心がけることによって、繰り返し使うことが可能です。

また、きちんと掃除しないと雑菌が繁殖して不衛生ですし、ホールの寿命も縮まってしまいます。次回使用するときに気持ちよく清潔に使うため、使用後のホールは勿論、新品であっても一度洗っておくことをおすすめします。

そこで今回は、オナホールの基本的な洗い方と保管方法についてご紹介させていただきます。

脱着式オナホールと洗浄、保管方法

ではオナホールの洗い方を見ていきましょう。後で水分を拭き取るための、タオルを用意しておきます。

ホールはペタペタしている物が多く、表面にほこりやゴミが付着しやすいので、最初に軽く水またはぬるま湯で全体を洗い流しましょう。

洗浄にはできれば、ハンドソープなどの石鹸を使いましょう。殺菌・消毒できるタイプであれば、完璧ですね。

入り口からホール内部へとしっかりと水を流し込み、ローションのヌルヌル感がなくなるまで洗いましょう。内部はヒダなどの複雑な構造になっている物も多いので、指でしっかりと洗うのがポイントです。写真のように底をがっしり押さえて押し付ければ、ホールが縮まって奥まで指が届きます。

洗い終わったら、しっかりとすすいで水を切り、タオルを使って水気を吸い取らせましょう。

内部はそのままの状態では、タオルで拭き取ることが難しいので、振るなどしてある程度の水分は飛ばしておきましょう。

おすすめはしませんが私の場合、もし裏返せるようだったら、裏返して水分を拭き取っています。ただし、破損の原因になる場合もあるリスクを伴う方法なので、裏返す際は充分に注意をして、無理はしないようにしましょう。

タオルで水分が拭き取れたら、風通しのいいところで自然乾燥させましょう。物にもよりますが、だいたい半日くらい干すのが目安だと思います。

もし裏返していたら、干すときはちゃんと元に戻してから干すようにしましょう。裏返した状態で長時間置くのは、さらに破損の危険が高まります。

乾いたように見えて、水分が残っている場合もあるので、しっかりと乾かせましょう。水分が残っているとカビの原因になりますので注意が必要です。

ただ、オナホールをそんな長時間部屋に出したままにしてけないよ!という方もいるでしょう。誰かに見つかると悲惨ですし・・・

もし早く乾かしたいのであれば、ドライヤーなどを使うしかないと思いますが、熱に弱いホールもあるので、温風なら弱で遠目から当てるか冷風にして乾かしましょう。温風の場合は、ホールに熱を当てすぎないようにくれぐれも注意してくださいね。

保管前に、べた付きが気になるホールなどであれば、ベビーパウダーをまぶしておくと、驚くほどさらっとなるホールもあります。匂いもある程度なら抑えられる効果もあります。ベビーパウダーは、ドラッグストアーなどに150円程度で売っています。

まぶし方は、少量のパウダーとホールをコンビニのレジ袋などに入れ、シャカシャカとシェイクすれば、綺麗に全体に馴染みます。あまりパウダーが多すぎると粉っぽくなりますので注意しましょう。

乾燥が終わったホールは、購入時に入っていたビニール袋に入れて、保管しましょう。色々試してみましたが、やっぱり最初についていたビニール袋が一番保管に適していると思います。

容器なんかだと、溶け出す場合がありますし、1つの袋に複数のホールを入れておくのも、化学反応を起こしてくっついたりしてしまう場合があるので絶対にやめましょう。

袋に入れたホールは元の箱に入れるのが一番ですが、ホールの箱って結構大きいし、場所をとりますよね。一つ二つとホールが増えてくると、保管場所の確保も中々大変になってきます。

もし 小さなスペースで保管したいのであれば、最初の袋に入れた後、箱ではなくジップロックなどに入れておくのも一つの手だと思います。

ただし、ジップロックは通気性が悪いので、入れるときはしっかりと乾燥させた後のホールにしましょう。